11月12日(土)|マルハン美しが丘店|正体を現したアナコンダ!その未知なる力とは…?

シルエットの正体は「アナコンダ」!

今回でその傾向が明かされる?

四神でもなく、ガンダーラ系列でもない、謎のシルエットが登場した10/22のマルハン美しが丘店。その正体は11/12にアナコンダと明かされ、店内ポスターでも告知されてました

日付の下が2だから?それとも特定の土曜に仕掛けてくるのか?まだ謎が多いアナコンダ。一体どんな仕掛けなのでしょうか

前回シルエット時はどんな仕掛けだった?

10/22にはシルエットで登場していたアナコンダ

🔥10/22のシルエット時データ🔥
トータル差枚数…+64,600枚
1台ごとの平均差枚数…+163枚
勝率…勝率42.7%(169/396台)

かなり優秀な結果を残しています。その時のまとめで、特に目立ったのが機種ごとの勝率でした。100%もあれば、総じて高い機種が目立ったので、機種シマ仕掛けなのでは…?という予測が立つ結果に

やはり機種毎のシマ単位仕掛けか…?

前回のまとめをふまえて今回のアナコンダをみてみると…やはり強い機種シマは見かけられます

その機種シマ仕掛けは6.5号機や前世代の6号機、そしてノーマルタイプと幅広く。カバネリ、犬夜叉、アクエリオンは同じ列で優秀台が多く見られましたが、現状では列よりも機種単位で見た方がよさそうです!

 

では、SNSなどからまとめた機種別データをチェックしていきましょう

勝率の高い機種シマをチェック!

前回のまとめをふまえて、まずは機種ごとのカタマリ仕掛けの可能性があるシマをまとめます。バイオは新旧どちらもシマ単位で強い…これは狙って入れたか

バイオ7▶平均+1700枚+勝率83%

機種別トータルのTOPはバイオ7でした。差枚プラマイゼロの600番台も可能性がありそうなグラフはしてますね。595と598番台は完全に上の挙動です。

バイオRE:2▶平均+1400枚+勝率75%

地獄から粘って生き残った607番台と、なんとかふみとどまった608番台。タイラントを活かしたのは605番台か。

カバネリ▶平均+1400枚+勝率60%

656番台と657番台の挙動は強いですね。659番台も序盤の苦しい展開がなければ同じような挙動になっていたかも?

ギアス3▶平均+2000枚+勝率75%

702番台次第かもしれませんが、長く稼働した701と703番台はしっかり結果を残しましたね。

新ハナビ▶勝率67%

686番台より733番台のほうが出ているのは、やはり風鈴によるコイン持ちが優秀だからか?それともRTの展開か?

1/2系や1/3系の可能性がある機種シマ

今回目立っているのが、1/2もしくは1/3で出玉を記録しているシマがある点です。仮にアナコンダが機種ごとの仕掛けであるならば、ェイクのための仕掛け、もしくは常に1/2などの可能性も視野に入れるのがベストか

犬夜叉

明暗くっきりの2台と2台。663番台は大きなハマリもなく、一撃を数回積み重ねる楽しそうな犬夜叉です。

花火絶景

BIGとREGの差が激しいのにグラフをみると極端に動くわけではないという。こうなるとBIG中の技術介入がモノをいいます。ビタができれば問題ナシですが、失敗が痛いので手堅くいきたいところ。

アクエリオン

665と666番台がプラスで、特に666番台は完全に上の挙動。大きな右下がりがみられません。

デビルメイクライ5

他2台は稼働がなかったですが、動いた台は結果を残しました。これは全台動いていたらもしかするかもしれない…?

まどか前後編

プラスの台のグラフをチェック

かなり初当り刻んでますね。下だと規定ゲーム数で深くなるので、この2台は上だと思ってよさそうです。

定番機種シマの優秀台もチェック!

番長ZERO+バジリスク絆2

750番台と816番台は見事なまでの右肩上がり。バジ絆2も675番台が⑤⑥でしょう。

アイムジャグラーEX

842番台と862番台が特に優秀。特に842番台はプラス域を上り続けました。

他ジャグラーシリーズ3機種

新たに加わったジャグラー「ハピジャグ」。上がだいぶ安定してますね!

沖スロ系(DUO+チバリヨ)

3000枚超えの台は良いモードを掴んだのでしょうか。一撃が大きいです。

単品の優秀台と出玉ランキングベスト50

フェイクのため?単品優秀台PICKUP

高設定挙動が確実なのはこのすばとRe:ゼロか。鉄拳4アルティメットデビルver.は吸い込んだ分をすべてアルティメットフリーズから吐き出した2400枚プラスか!?

差枚数ランキングTOP50

前回のまとめ結果を見ても、現状「アナコンダ」では機種シマ仕掛けと考えるのが良さそうです。1/2系などもありそうなので、状況に応じて上手く立ち回りましょう

© 2022 スロッターギルド北海道